前へ
次へ

京都でリノベーションを行う場合の注意点

京都以外でもリノベーションの時には複数の注意点がありますが、特に京都の市街地には他の地域にはない景観に関係する建築制限が多数あります。
パッと思い浮かぶのは高さ制限ですが、その他にも様々な制限があります。
1つ目が建物のデザインです。
京都では市街地のほぼ全域が風致地区・景観地区・建造物修景地区のいずれかに指定されています。
そのうえで地区ごとに建物の形やデザインに関する基準が細かく設定されています。
素材や色などに関する指定や地域ごとに特性を反映したデザインを行うなどの決まりがあるので、そういった注意点を前提に物件のリノベーションを検討するようにしましょう。
2つ目に室外機や駐車スペースなどにも配慮が必要ということです。
リノベーションにて自宅前にエアコンの室外機・給湯機を設置したり駐車スペースを設けたりすることも可能ですがこれらを設置する場合は建物のデザインと調和するよう目隠しをする必要があるなど注意すべき点が複雑になっています。
こういったことで後々トラブルになったりすることを防ぐためにもリノベーションの業者を選ぶ際には京都での施工経験が豊富な会社を選ぶようにしましょう。

Page Top