前へ
次へ

京都で町家に住みたい場合にリノベーションをすすめる理由

京都で町家に住みたい場合リノベーションをすすめられるケースが多いと思います。
なぜかというと、京町屋は狭い路地沿いに建てられていることが多いため現在の消防法や建築基準法では接道条件が変わらない限り建物を施工できず建て替えが難しいからです。
そのため、耐震性を補強したり傷んだ部分を修復するなど細かな部分に手を入れるリノベーション工事をすすめられるということになります。
加えて町家は築年数が経過している分、資産価値が低いとみなされ固定資産税が安く済むというメリットもあります。
ですので、リノベーションをしても床面積が増えない工事などであれば固定資産税も上がらないので費用が抑えられます。
町家のような再建築不可の物件は住宅ローンの借り入れが難しいのではと思う方もいるかもしれませんが、京都の地銀や信用金庫には町家専用の住宅ローンを持つ銀行が複数あります。
「京町家カルテ」などの市の調査を受けた書類の発行など条件面や審査はありますが、まったく融資を受けられないといった心配はないので町家に住みたい方にリノベーションはおすすめの手段と言えそうです。

Page Top