前へ
次へ

京都で町家のリノベーションをした際費用を抑える方法

京都で町家をリノベーションすると費用がかかるのでは?といった不安がある方もいるかもしれません。
実際に町家のリノベーションを京都で行った場合費用を抑えることは可能なのでしょうか。
京都で町家のリノベーションにかかる費用の目安ですが、500万円から1,500万円と大きな開きがあります。
町家は古い物件も多くそのままの状態では耐震性に不安があったり、使い勝手が悪いため築年数や劣化の状況に合わせて補強する工事が必要となります。
ですので、このように費用に大きな幅が出ることが多くなっています。
そのため、費用を抑えたいのであれば現状の間取りをそのまま活かして耐震性の強化をメインにするリノベーションを行うと比較的工事費用を抑えることが可能です。
また元々利用されていた古い素材をできる限り活かすのも費用を抑えるという点では有効です。
また京都市では景観保護のため、京町屋の保存や維持に対する補助金が支給される場合があります。
担当部署の違う補助金や支給に条件のある制度もあるので、そういった手続きをしてくれる・提案してくれる会社を選ぶと満足いく仕上がりの町家のリノベーションをしてもらうこともできそうです。

Page Top